2015年

8月

29日

福島県南相馬市のソーラーシェアリングが完成

福島県南相馬市原町で、地域の復興を目的としたソーラーシェアリングが完成し、8月25日連系、稼働を開始しました。

この事業は、経済産業省の「再生可能エネルギー発電設備等導入促進復興支援補助金」で、通称「半農半エネモデル事業」という国の補助事業です。

事業主体は地元の一般社団法人えこえね南相馬研究機構で、収益の50%を地域に還元するという、被災3県限定の再エネを活用した地域復興事業として位置づけられています。

合計8設備のうち、1設備を弊社が納入、施工を担当しました。

これをきっかけに、東北3県の復興の一助になればと思います。

2015年

7月

14日

国産パネルのソーラーシュアリングが完成

香取市九美上(くみあげ)で国内メーカーで唯一ソーラーシュアリング用パネルを生産している、(株)エスパワー製のパネルを使用したソーラーシュアリングが完成しました。

発電事業者は生活協同組合パルシステム千葉様で、生協が生産者のご協力で設置するというのも全国で初めての事例と言えます。

2014年

11月

04日

匝瑳(そうさ)市のソーラーシェアリングが環境ビジネスに取り上げられました

匝瑳(そうさ)飯塚で9月から連携開始したソーラーシェアリングについて、今週発売の「環境ビジネス」に掲載されました。

全国で初となる、市民出資によるソーラーシェアリングとなります。

記事については、下記URLへ

http://nls.kankyo-business.jp/c/aApKaaiaqy1W62aj


また、パネルオーナーに関するお問い合わせは、

市民エネルギーちば合同会社ホームページからお願い致します。

http://www.energy-chiba.com/

2014年

9月

16日

川根本町のソーラーシェアリングが環境ビジネスに取り上げられました

当社で施工した静岡県川根本町のソーラーシェアリングが本日発売の環境ビジネスに取り上げられました。

施主である、株式会社神田組へのインタビューに加え、当社代表浅井のインタビューも掲載されています。

 

詳細は環境ビジネスのホームページからご覧下さい。

http://www.kankyo-business.jp

http://www.kankyo-business.jp/column/008720.php?page=2

2014年

8月

24日

匝瑳市の設備、パネル取り付け完了

匝瑳市飯塚のソーラーシェアリング(パネル出力35.7kw)のパネル取り付けが完了致しました。施工は、ボランティアの方を中心にしたセルフビルドで週末を利用しての施工です。

また、この設備はパネルの分譲販売を行い、パネルオーナー制度を活用した市民出資型設備となります。

電力会社との連係は9月中の予定。栽培作物は大豆です。

パネルオーナー制度についてのご質問、お問い合わせは市民エネルギーちば合同会社へ。